BigBossは優良なFX会社なのか徹底解剖していきます。

副島先生(BO配信) 投資

海外FX会社を検証してみました。

BigBossは優良なFX会社なのか徹底解剖していきます。

    ▼設立年月日
    2013年

    ▼会社情報
    運営会社 Prime Point LLC
    設立 2013年7月
    登録住所 セントビンセント・グレナディーン諸島
    1/F, First St Vincent Bank Ltd Building James Street
    Kingstown St. Vincent and the Grenadines
    ▼金融ライセンス SVG FSA:セントビンセント・グレナディーン金融庁
    (登録番号:380 LLC 2020)

会社設立時に金融ライセンスは所持していたみたいですね。

BigBossは2013年7月から運営が開始され、2016年8月には公式サイト・口座開設フォーム・マイページが日本語化されました。
2016年時に日本人向けに本格的に営業を開始したということがわかります。


こちらの画像は会社実態を表すものです。
海外FX会社としてしっかりと設立されたことが
わかります。

2013年時はしっかりと金融ライセンスも所持し運営開始したことがわかります。

それでは現在はどういった状況か確認してみましょう。

ここでだんだんBIGbossを調べていくうちに
衝撃的な事実が発覚しました。
マイナーなセントビンセント・グレナディーン諸島のFSAで取得していましたが現在は剥奪されている
そうです。

お気付きでしょうか?
BIGbossは現在金融ライセンスも無い
状況で運営している為
FX会社として最低限保有しなければならない
事項をクリアしていない状況です。
その為非常に危険だということがわかると思います。こういったFX会社にはお金を入れることはお勧めできませんね。
それではBigbossは出金拒否等は過去に起きていないか確認してみましょう。
▼Twitterの反応によると大きく勝った方が
急にログインできなくなっている口コミが確認されました。
しかし、その後の調査では出金拒否事例は確認されませんでした。

そこで副島ネットワークを使い
※副島独自調査結果をお知らせします。
2019年夏頃に一度、大規模な出金拒否が行われていることが発覚しました。
その後、出金は認められたみたいですが
出金拒否というよりかは出金遅延は現に存在したみたいです。

▼副島のまとめ。
やはり海外FXブローカー選びは慎重になりましょう。
下記の点を気をつけて口座開設をしてみてください。

    ・金融ライセンスの有無
    ・国際銀行はあるか
    ・海外であっても所在地はしっかりと存在するか

こちらの3点を確認してからご自身の資金を入金し
お取引することをお勧めします。
レバレッジが高いことは非常にメリットなので。

副業大学院では様々な詐欺事件や
詐欺案件を中立な立場で解説をしております。
また、ー社会人のための副業大学院ー
というコンセプトのもと良い案件もご案内していきますので是非ラインご登録お願い致します。