【仮想通貨】詐欺コインの特徴とは

ビットコイン 仮想通貨 投資 米田先生

皆さんこんにちは!

副業大学院の米田です。

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

現在、副業を探されている方、
悩まれている方は公式LINEから

気軽にお問い合せ下さい。

副業大学院の各先生がご対応させて頂きます。

それでは本日も記事を書いていきます。

今回は「怪しい仮想通貨」についてです。

日本では金融庁に登録された仮想通貨交換業者から、
簡単にビットコインなどの仮想通貨の購入が出来るようになっています。

しかし、そんな仮想通貨の投資を勧誘してくる怪しい集団詐欺師なども増えている現状です。

既に勧誘を受けた方もいるのではないでしょうか。

そんな怪しい仮想通貨に騙されないように知っておくべきことを記事にしましたのでご覧ください。

今日の記事内容

    1.仮想通貨とは
    2.詐欺コインの特徴・見分け方
    3.まとめ

1.仮想通貨とは


まず仮想通貨とは何か。

仮想通貨は、一般的にはネットワーク上で電子的な決済の手段として広く流通しているが、法定通貨との比較において強制通用力を持たない、または特定の国家による裏付けのないものをいう。

今は呼び方が「暗号資産」に変わってるみたいです。
(既存の法定通貨と紛らわしく、誤解を招くことがあった為。)

そんな仮想通貨ですが、
大きく分けて3種類あります。

  • ビットコイン
  • アルトコイン
  • 詐欺コイン

ビットコインとアルトコインはよく知られていると思います。
※ビットコイン以外の仮想通貨の事をまとめてアルトコインと言います。

では3つ目の「詐欺コイン」とは何でしょうか。

それは
他人を騙す為に作られた仮想通貨の事」です。

インターネットで検索すると、
詐欺と噂される仮想通貨の一覧が出てきます。

もちろん詐欺コインは絶対に手を出してはいけないです。

ネット上で詐欺と噂されていないもので詐欺コインの可能性が高いものもあります。

しかし、初心者の方はネットなどで評判が分からなければ詐欺コインを見分けるのが困難になると思います。

なので詐欺コインの特徴・見分け方を解説していきます。

2.詐欺コインの特徴・見分け方

詐欺コインの特徴は

  • 仮想通貨の取引所から購入できない
  • 最低購入金額が高い
  • 価格保証や買取保証がある
  • セミナーで勧誘される
  • 代理店から買わされる
  • 有名人の名前を使って宣伝している

といったところです。

仮想通貨の取引所から購入できない

例えば、「この仮想通貨はここでしか販売していない」「今だけの限定価格」といったように、購入場所や購入金額などに限定性を持たせ、購入を促すパターンです。
仮想通貨の取引は、全世界で行われており
世界中の取引所で仮想通貨の売買は可能です。

なので、「この仮想通貨はここでしか販売していない」などは通常有り得ないです。

最低購入金額が高い

本来、数百円程度から購入できるのに詐欺コインは10万円からの
購入などと設定しているパターンが多いです。

最低購入価格が10万円などに設定されていれば注意が必要です。

価格保証や買取保証がある

「購入金額の50%を保証するので安心してください」と言って勧誘することもあるそうです。
そもそも仮想通貨は価格が変動するものなので怪しいと思ってください。

また、買取も行うといってきても、
一定額しか返金してこないことがほとんどなので注意が必要です。

セミナーで勧誘される

セミナー主催者がセミナーで勧誘する理由は紹介料がもらえるからです。

購入者が増えれば増えるほど紹介料が入る為、
絶対に儲かる」など甘い言葉で誘惑し勧誘してきます。

実際には儲からなかったりすることがほとんどで
詐欺の可能性が非常に高いです。

代理店から買わされる

海外の仮想通貨であっても、今では基本的にインターネットの仮想通貨の取引所から簡単に購入することができますので、わざわざ代理店などの仲介業者を使う必要はありません。
代理店と言われたら注意が必要です。

有名人の名前を使って宣伝している

有名人の名前を出して宣伝している仮想通貨も危険です。

一般人が有名人に確認できないことを分かって
有名人の名前を勝手に出している可能性が高いです。

3.まとめ

今回は「怪しい仮想通貨」について書きました。

上記の点をしっかり確認し、
怪しい仮想通貨には手を出さないようにしましょう。

もし勧誘を受けている方がいましたら
ご相談下さい。

副業大学院では様々な案件調査をしておりますので
安全な案件か判断することができます。

もちろん案件を紹介することも可能ですので

副業を探している方や
興味がある方も
一度ご相談してみてください。

今回は以上となります。

また皆様に有益な情報をお伝えできればと思います。

ご愛読ありがとうございました。

また会いましょう!