徹底解説!!公務員がバイナリーオプションをするとどうなるの?

バイナリーオプション 全記事 副島先生(BO配信) 投資 未分類

「公務員がバイナリ―オプションの副業をやっていると、上司にバレて大変な事になる?」という疑問があるのではないでしょうか?

結論から申し上げますと、公務員でバイナリーオプションをしていてもまったく問題ありません。

さらに、確定申告で普通徴税を選択すれば、バイナリーオプションをやっていること自体も、バレることはありません。

公務員が副業でバイナリーオプションをしてもOKな理由

公務員が副業でバイナリーオプションをしてもOKな理由は、下記のとおりです。

そもそも、「投資」であり「副業」ではないから。
「副業」とは多重に労働することだから。
それぞれ、くわしく解説します。

そもそも、「投資」は禁止されていないから。

公務員で禁止されているのは「副業」であって、公務員であっても「投資」が禁止されているわけではありません。

※株式投資や、外国為替証拠金取引(FX)、投資信託などの「投資による資産運用」は、公務員にも認められた正当な権利です。
そして、「バイナリーオプション」自体が法律で「金融商品」に分類されており、バイナリーオプションは、れっきとした「投資商品」なのです。

ですから、公務員がバイナリ―オプションに投資することは「副業」ではなく「投資行為」であり、禁止される理由がありません。

副業」とは多重労働のこと

「副業」という言葉の定義は、「多重の雇用主に雇用されて労働すること」です。

つまり、本業で公務員やサラリーマンをやりつつ、副業でアルバイトをするのが「副業」です。

「金融商品」であり「投資」である「バイナリーオプション」に投資するのは、まったく問題ありません。
バイナリ―オプションは株式投資や債券投資と同じ「金融商品」に対する投資なので、公務員がバイナリ―オプションに投資するのはまったく問題ないです。

公務員のバイナリーオプション副業でもバレることはありません。

「でも、上司にバレたらヤバいんじゃないか?」と思うかもしれませんが、それも問題ありません。

繰り返しになりますが、資産運用としての「投資行為」は、公務員であっても認められた「正当な権利」であって、「金融商品」に投資することは「副業」には当たらず、何も後ろめたい行為ではありません。

ですから、もし、バイナリーオプションをしている事がバレたとしても、「資産運用としての投資行為です。」と言っておけば問題ありません。

「でも、上司にバレたらヤバいんじゃないか?」と思うかもしれませんが、それも問題ありません。

繰り返しになりますが、資産運用としての「投資行為」は、公務員であっても認められた「正当な権利」であって、「金融商品」に投資することは「副業」には当たらず、何も後ろめたい行為ではありません。

ですから、もし、バイナリーオプションをしている事がバレたとしても、「資産運用としての投資行為です。」と言っておけば問題ありません。

バイナリーオプションでも、ある一定金額以上の所得を得たら、翌年の3月15日までに確定申告が必要となります。

となると、「バイナリ―オプションでこっそりお金を稼いでいたとしても、税金の申告でバレるのではないか?」と心配になるかもしれません。

というワケで、副業バイナリーオプションの税金の申告について詳しく解説します。

    バイナリ―オプションで税金の申告が不要なパターン

    まず第一に、副業バイナリ―オプションで稼いでいる金額が一定以下の場合であれば、そもそも、税金を申告する必要がありません。

    (※税金の申告が必要なければ、そもそも、会社にバレるリスクはゼロですよね。)

    というワケで、バイナリ―オプションで確定申告が不要なパターンは下記のとおりです。

    バイナリ―オプションで確定申告が不要なパターン

    サラリーマンや公務員なら、バイナリーオプションでの年間損益が20万円未満なら確定申告は不要。
    フリーター・主婦・学生なら、年間損益が38万円以下なら、確定申告は不要です。

    上記に示した金額に達する額を稼いでいなければ、副業バイナリーオプションの税金を申告する必要はありません。

    ですから、副業バイナリ―オプションの年間利益が上記の金額未満であれば、税金の申告でバイナリーオプションがバレることはありません。

バイナリ―オプションは為替レートの変動を予測して、「上に行くのか?」「下に行くのか?」を選択するだけのシンプルな仕組みです。

そのため、確率50%で当たれば約2倍、外れればゼロになる「半丁バクチ」と同じような「ギャンブルなのでは?」と思われることもあります。

上記のような理由から、バイナリーオプションの副業には社会的にはあまり良いイメージがある訳ではありません。

バイナリ―オプションは「投資」であり、株式投資や投資信託とおなじジャンルに分類されるものにも関わらず、世間的なイメージはあまり良くありませんね…。

ただし、バイナリーオプションの副業は「禁止」されているわけではなく、資産運用の「投資」として堂々と取り組めばOKです。

副業大学院では私バイナリーオプショントレーダーの副島が配信を無料で行っている配信グループがあります。
無料のバイナリー配信グループに参加されたい方はライン@にてバイナリー配信希望とご連絡お願いします。