【注意!!悪質不動産会社の手口とは?】

不動産投資 清水先生

皆さんこんにちわ!

副業大学院の清水です。

いつも記事を読んで頂き有難う御座います。

今回は不動産投資詐欺についてお話し致します。

その他の調査要望ありましたらLINEにてお問合せください。
またこれから副業を始めたいけど、何をすれば分からない方もご相談承っております。

近頃は副業時代とも呼ばれ本業以外で収入を得る人が多く、中には副業で本業の収入を超えている人も多く存在します。

ネットでも副業という言葉を目にすることが増えたのではないでしょうか?

そんな副業時代に流行っているのが副業詐欺です。

私の方にも副業詐欺に遭われた方から数多くの相談の連絡を頂いております。

そんな中、相談が多かった不動産投資詐欺をご紹介します。

「不動産投資を始めたいけどどうしたらいいのか分からない」
「いい不動産投資の話を聞いたけど実際はどうなのかわからない」
「近頃、不動産投資詐欺の話をよく聞くから心配」

この記事を読んだ皆様は今後この手の詐欺には遭われないようご注意ください。

不動産投資は実際、詐欺ではなく立派な投資の一つで実際に不動産投資で収益を上げている方もたくさんいます。

しかし不動産投資を始めるにあたり、様々な悪質な勧誘があります。

悪質な不動産投資の勧誘手口とは??

まず単純に

「絶対に稼げる」
「誰でも儲かる」
「この物件は将来、必ず値上がりする」
などといった根拠のない言葉を操り不動産投資の初心者に対して購入させることがあります。

本来、物件の価値と価格が釣り合っていないにも関わらず初心者の知識の少なさを利用しているのです。

そもそも「確実に利益になる」など断定的判断を提供することは、宅地建物取引業法で禁止されています。

手付金を強要されたら注意

不動産売買契約では、契約締結時に、買主が売主に対して「手付金」を支払うことが一般的です。
手付金は、契約の成立を前提として、売主にいったん預け、売買代金全額を支払う際に返還してもらうものですが、手続きにかかる手間を省くために契約書類では「残代金支払いのときに売買代金の一部として充当する額」として扱われます。

不動産の営業マンに「この物件は人気なので手付金を払ってキープしておいた方がいいですよ」と声をかけられ

不動産初心者の方は「そんなに人気なら手付金を払って一旦キープしておいて、後からキャンセルすればいいや」
などと思い払ってしまう方も多いようです。

そもそもで手付金は物件を購入する前提で支払うものなので、いざ購入者の都合でキャンセルの場合は手付金をそのまま没収される場合があるのでご注意ください。

加えてそもそも会社を登記していない不動産会社が存在しており、そういった会社は手付金を支払った後、そのお金を持ったまま音信不通になり、姿をくらませるという完全詐欺業者もあるのでご注意ください。

日本の不動産会社は登記する際に宅建という資格を保持することを義務付けられています。

宅建を保持していない会社は詐欺会社と思っていいでしょう。

満室詐欺

一時的に身内などを住まわせて満室に見せかけ優良物件として紹介する手口です。満室に見せかけることにより投資家に利回りの良い物件と見せかけ実際の価値には見合っていない価格などを設定していることもあります。
実際に物件を購入した後に次々と入居者が退去し空室ばかりの物件のみが残るのです。

こちらのケースを見あぶるのはかなり難関です。
近況で不自然に入居者が増えていないかどうかなど確認する必要があるでしょう。

海外物件投資詐欺

海外の物件を進められた時も注意が必要になってきます。
実際に物件を見に行くことが困難なことを逆手に取った詐欺で実態のない物件を販売したり、実際に価格とはかけ離れた金額で販売したり、お金を持ち逃げされ足りといったケースもあるようです。

対策としては自身での現地調査、信頼のできる不動産会社自体の選定などが必要になってくるでしょう。

デート商法詐欺

こちらの手口は少し特殊です。
投資用不動産の購入を勧めることを前提に女性が歩み寄ってきます。恐怖ですね。。。
何度もデートを重ね親密な関係を築いてきます。こちらは昔からよくある手口ではありますが今もなお、強く根ずいているそうです。実際に好意を持った相手に勧められると「いらない」と思っていてもなかなか断れないのです。

そんな弱みに付け込んだ手口も実際に存在するので自己判断能力を高めましょう。

実際に様々な手口を紹介しましたが他にも巧妙な手口は無数に存在しています。

ではどのようにして対策する??

不動産知識をつける

やはり個人での知識をつけるしかないのです。
なかには防ぎようのない詐欺も実際に存在します。
ですが知識さえあればそのリスクを軽減させることができます。

特に不動産投資では専門的な知識が必要になってくるので書籍を読んで勉強したり信用と実績のあるセミナーに参加してみて知識をつけることを強くお勧めします。

電話勧誘は相手にしない

電話での勧誘には十分に注意してください。
実際にその会社がホワイトなのか判断しづらい上、断っても何度も電話がかかってくる場合があります。
しっかりと意思表示をしましょう。

不動産会社の見極め

しっかりとした不動産会社を利用することを強く勧めます。
メリットとデメリットをしっかり伝えてくれたり、顧客に見合った物件を紹介してくれたり、長期的なプランを作成してくれたり、など信頼のできる会社選びをしましょう。

それでも自身での判断ができない場合は一度、ご相談ください。

不動産投資以外の投資や副業を始めたいけど、
やり方がわからない、なにから始めたらいいかわからない方も
お気軽にお問合せください。

※相談費用などは一切かかりません。

最後までお読みいただき有難うございました。