【副業時代ー1分で解説!せどりのあれこれ】

せどり 清水先生

皆さんこんにちわ。

副業大学院の清水です。

私は以前、副業詐欺に遭い、私のような人を一人でも減らしたいという一心で詐欺案件を調査し皆様にお届けさせて頂いています。

すでに何らかの詐欺に遭ってしまったという方もご安心ください
私たち副業大学院では詐欺案件に対する相談をLINEにて行っています。またこれから全うに副業にチャレンジしたいという方にも有力情報を提供しているので、これから副業を始めたいと思っている方は是非、LINEを追加してください。

いつでもご連絡お待ちしています。

今回は以前から調査要望の多かったせどりについて解説していきたいと思います。

せどりとはどういうものなのか?

まず初めにせどりとは何か?ということから理解していきましょう。

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。近年では転売と呼ばれている。

出典:Wikipedia

せどりとは今時の言葉でいうところの転売ですね。原則として安く仕入れて高く売るというビジネスモデルのもと成り立つ職業になります。

近頃ではインターネットの普及により誰でも簡単に転売ビジネスを始められるようになりました。

海外や日本で希少価値のあるアイテムや人気商品、あるいわ自身が以前、使用していて使わなくなったものなどをメルカリやバイマといったECサイトにて転売しているのを私自身も最近よく目にします。私が若いころに比べて非常に便利な世の中になったものです。

せどり自体の歴史は大昔にさかのぼります。300年前に紀伊國屋文左衛門という初代が編み出した必殺技で主に古書業界で使われていた手法のようですね。

確かにせどりと聞くと真っ先に本が思い浮かぶので説得力があります。

本来せどりは大昔からある、れっきとしたビジネスなのです。

では実際に副業として
せどりで利益を出すにはどうすればいい?
せどりの始め方は?
というのが一番気になるところですよね。

まず利益を実際に出す方法ですが鉄則として安く仕入れて高く売るなので一般よりも安く商品を仕入れられるマーケットが必要になってきます。そして実際に仕入れたものを売るマーケットも必要です。

衣類であれば中国などが代表的ですね。でも実際にどうやって仕入れたらいいの?というのが大きな疑問ですよね。

近頃ではアリババが運営しているショッピングサイトなどからもネットで誰でも簡単に仕入れることができます。

仕入れた後に売るところは自社ECサイトや冒頭でもお話したメルカリやバイマなどで転売するのが主流ですね。

ですがメルカリやバイマなどで売りに出すとサイトへの手数料が高いので自社サイトにて販売したほうが利益は残る。
ただ自社サイトなんて簡単に作れるの?作った後のマーケティングは?などといった疑問もあるかと思います。

実際に仕入先を選定して売り方も分かっていれば誰でも簡単に始められるビジネスなのですが、同時に在庫をかかえる場合や損失を出すリスクだけではなく懲役や罰金に科せられる場合もあるのです。

せどりは十分な手続きを済ませリスクを踏まえたうえで始めましょう。

全くの無知識で稼げそうという理由から手を出すのは少々リスクがあると考えれます。

※ここからが本題です

ここからは転売ビジネスという商材を使ったネット詐欺をご紹介します。

実際に知識があれば小さなリスクで転売ビジネスを始めることができますが、知識がなく手早く開始すると副業詐欺に遭ってしますことがあるのです。

近頃は副業ブームということもあり知識をつける前にビジネスを開始して失敗してしまう人が多くいるのです。

そもそも自分一人でビザネスをスタートする際は専門的知識や豊富な経験が必要になってくるにも関わらず
ネット上やSNSに載っている始めて1か月で20万円せどりで月収100万円稼ぐ方法などといった情報商材を販売している悪徳業者から有料情報を購入して失敗してしまったという声が私、清水の元にも多く届いております。

中には本当に稼げる情報を提供しているところも存在するのかもしれませんが、一度、冷静になってから購入するようにしましょう。

簡単にお金を稼ぐ方法なんて存在しないのです。

もしご自身で判断がつかないといった場合、是非一度、副業大学院にご相談ください。